入札情報TOP 宇都宮市役所
物品・委託:入札契約制度について


「制限付き一般競争入札」の導入について

・制限付き一般競争入札の導入

 平成24年4月から予定価格が130万円を超える印刷製本請負契約及び予定価格が80万円を超える
 物品購入契約に事後審査型制限付き一般競争入札を全業種に拡大し,平成27年9月から原則,全業種
 を電子入札システムにより入札を行います。

対象業種について

対象業種について,こちらをご覧ください。





「一般競争見積(オープンカウンター方式)」の導入について

一般競争見積(オープンカウンター方式)の導入

 平成23年4月から一般競争見積(オープンカウンター方式)を導入しております。

・一般競争見積(オープンカウンター方式)とは

 予定価格が一定額(10万円超え80万円以下,製造請負は10万円超え130万円以下)の物品購入等について,
 見積りを依頼する相手方をあらかじめ特定せず,見積案件(仕様)公開し,参加を希望する方からの見積書提出
 により供給者を決定する方法 

対象業種について

 対象業種について,こちらをご覧ください。








「最低制限価格制度」の導入について

本市では,工事関連を除く業務委託及び印刷製本請負に係る競争入札において最低制限価格制度を導入しておりますが,厳しい経済状況が続いていることから,地元業者の安定経営を図り,地域経済の活性化を促進するため,平成30年4月から最低制限価格の設定方法を以下のとおり改正いたしました。


 最低制限価格設定方法の改正

 税抜き予定価格の75パーセント
 (1円未満の小数点以下は,切捨て。ただし,単価契約のものは,切捨ては行わない。)

 
 最低制限価格 = 税抜き予定価格 × 0.75 

 平成30年4月より「75%」に改正しました。


1.対象業務

予定価格が50万円を超える業務委託契約
予定価格が130万円を超える印刷製本請負契約

2.最低制限価格の公表

最低制限価格は,事前および事後ともに公表しません。

3.その他

1回目の入札で予定価格の制限の範囲内にある価格の入札がなく再度入札を行なう場合において,1回目の入札で最低制限価格に満たない価格で入札し失格となったものは,再度入札に参加することはできません。



get_adobe_reader PDFファイルをご覧になるには Adobe Reader(アドビ リーダー)が必要です。
無料ダウンロードは左のアイコンをクリックしてください。




入札(物品)TOPへ「戻る」


宇都宮市ホームページへ

入札情報(工事)へ

問合せ先
〒320-8540
栃木県宇都宮市旭1丁目1−5
宇都宮市役所 宇都宮市理財部 契約課 物品契約グループ
TEL :028-632-2139
FAX :028-632-2166